デイサービスで独立開業する流れ

デイサービスで独立開業する流れ

デイサービスで独立開業する流れ

デイサービスを独立開業するには次の流れになります。

 

@開業地域の情報収集をし、デイサービス内容の基本計画をたてます。
施設の立地、予算、地域の人口統計、競合施設の有無、
競合差別化などをふまえたうえでデイサービス施設の戦略を構築します。

 

Aデイサービス事業の基本計画に基づき物件(施設)を選別、確保します。
介護事業者の指定基準(設備)に配慮し物件の選別、設計する必要があり、
また施設の場所によっては建築基準法、都市計画法、介護保険法、
消防法等の確認も必要です。

 

B事業計画書を作成します。
資金計画、経費計画、売り上げ計画、収支計画、利益計画などしっかり計画を立てます。

 

C会社組織(法人)等を設立します。
法人格を有していなければ指定(許可)を受けることができないからで、
株式会社、合同会社、NPO法人、社会福祉法人等
それぞれ特徴が違いますので検討してください。

 

D工事着工の前に指定機関と事前協議をします。
経験豊富な建築業者なら問題なく進めることができるのでしょうが、
経験のない方が一から始める場合は、
各法令の学習と関係各所への相談が十分に必要になります。

 

E人員基準で決められているスタッフを募集します。
管理者、生活相談員、介護職員、看護職員、機能訓練指導員が必要で
ハローワーク、インターネット、雑誌等効果的な方法で募集、採用します。

 

F事務所や施設の備品を準備します。
デイサービスの指定申請をする時点でいつでも事業を運営できる状態である必要があり、
それを証明する為の内部写真が必要になるからです。

 

Gデイサービスの指定機関に申請をします。
指定を受けるには人員基準、設備基準、運営基準をクリアしないといけません。

 

H契約書、社内規定等作成します。
デイサービスの契約書、就業規則、社内マニュアル等作成していきます。

 

I開業します。
開業指定日の1ヶ月〜1ヶ月半前までに申請書類を提出しないと
スケジュールが間に合いませんので注意してください。

 

以上、デイサービスの独立開業の流れですが、フランチャイズで開業する選択肢もあります。 
 


ホーム RSS購読 サイトマップ