介護フランチャイズのメリット・デメリット

介護フランチャイズのメリット・デメリット

確実性を求めるなら

介護業界では多くの方が独立しています。
介護関係の仕事の多くは、ずっと同じ職場で働き続けても、中々給与が上がらず、
上がってもいつかは頭打ちになってしまうことが多いので、
その間に起業のための準備を進めて、介護施設などを開業して独立することで、
より良い待遇で働きたいと考える方が多いそうです。

 

独立といってもその方法は様々で、本当に一から始めることも出来ますが、
起業経験がまったく無い状態では非常に困難なので、
フランチャイズ契約によって起業する方も多いです。
 

 

フランチャイズ契約による起業は、
一から起業するよりも遥かに確実に起業することができます。

 

全くの素人の状態から開業準備を始めるのとは異なり、
フランチャイズに加入することによって、開業までの手続を支援してくれると共に、
営業活動を行ってもらったり、契約先を見つけてくれたりと、
個人では中々出来ない準備も楽にこなすことが出来ます。

 

さらにフランチャイズ元の知名度が高ければ、
完全新規の施設よりも楽に利用者を確保することも出来、
フランチャイズもとの蓄積をフル活用することで、
独立の成功確率をアップさせることができます。

 

確実に介護施設などを開業することができるフランチャイズ契約ですが、
もちろんフランチャイズ後の経営は自分の力で行わなければならず、
サービスに問題があれば目標となる売上も達成できなくなるでしょう。

 

最後に頼りになるのは自分の経営センスと普段の積み重ねなので、
少しでも確実に利益を上げるためにも、フランチャイズ契約を進める最中も、
自分が出来ることを可能な限り続けるよう努力し、経営者としての成功を目指してください。
"

自由度は下がる

介護業界において、特にケアマネージャーなどの管理業務についている方は、
ある程度経験を積んだら独立することが多いといいます。

 

とはいえ、全くの未経験で開業手続などを進めるのは難しく、
仮に開業したとしても、全く見たこともない介護サービスを利用する方はめったに居らず、
経営が安定するまでには苦戦を強いられることも珍しくありません。

 

そんな時に役立つのがフランチャイズ契約で、
フランチャイズ元の支援によって、スムーズに開業手続を進める事が出来るのですが、
決してメリットだけしかないわけではありません。

 

フランチャイズ契約のデメリットは、自由度が下がるという点にあります。

 

独立して一から全て準備を行うのであれば、
営業形態などは全て自由に設定することが出来ますが、
フランチャイズの場合は、
フランチャイズ元で指定されている営業形態にほぼ準じる形で事業を展開します。

 

そのため自分が希望する営業形態とずれが生じることもあるので、
契約を結ぶ際は注意が必要です。

 

フランチャイズ契約による自由度の制限は、
料金設定やサービス内容など、様々な点に係わってくるので、
独立して自由に働きたいという考えの方は、理想の働き方とは遠くなってしまうでしょう。

 

ですが、実際に独立した場合、本当に一から始めるよりも、
安定して利益を上げられるのは間違いありません。

 

結局のところ明確な正解がある問題ではなく、最終的な決定権は自分にあるので、
これから先のことをよく考えた上で、フランチャイズ契約を利用するかどうかを考えるようにしましょう。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ